あだかず  つれづれの記

アクセスカウンタ

zoom RSS ホームページの著作権問題   2006/4/26

<<   作成日時 : 2006/04/26 13:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


自分のホームページに他人の著作物などを掲載する場合、著作権について慎重に対応する必要がある。著作権は、一般的には権利者が亡くなってから、50年間は存在し、それを利用する場合には、その権利を管理する人の許諾を必要とする。そして50年を超過すると著作権は消滅する。
ただ外国作品の場合には、戦時特例があり、50年よりも長い期間にわたって保護される。音楽の場合は、JASRACが多くの楽曲を委託管理しているので、比較的、JASRACに申請すれば利用しやすい(もちろん、著作権料を支払わなければならないが・・・)
しかし、「いずみたく」、「永六輔」さんなどのように、JASRACに委託していない場合もあるので、このような場合は個別に折衝して利用しなければならず、そこまで面倒をして利用する気にはならない。

テレビの画像を掲示板に載せる、新聞や雑誌、書物の写しを載せる、それらの内容の転記する、レコードやCDのジャケットの写真などの画像の掲載、これらは全て、著作権法などの禁止条項に該当し、行ってはならない行為となる。
また有名人の画像を載せることも、著作権とは異なる肖像権の侵害にあたり、許可のない限り掲載不可とされている。ただ、文章、歌詞、詩などのほんの一部を載せる程度は、許されるらしい。

また音楽などで、作詞、作曲とも著作権が消滅していても、その曲の演奏者、歌い手などがある場合には、そうした人たちの許諾も必要になるのは言うまでもない。著作権の消滅した歌をカラオケボックスで歌って、それをサイトに公開しようとした場合も、カラオケを演奏した権利者の許可が必要になる。

これらのことを、分かり易く解説した下記サイトを参考にしてください。

ホームページ安全講座
 http://www12.big.or.jp/~meher/inet9.htm

ネットワークにおける著作権問題について
 http://homepage3.nifty.com/itaru_watanabe/chosakuken/main.html


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホームページの著作権問題   2006/4/26 あだかず  つれづれの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる