あだかず  つれづれの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 奇跡の対面(4)・・・鎮魂の歌

<<   作成日時 : 2007/11/08 15:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 
佐世保の靖子さんは、東京に住んでいる娘さんらと、この5月4日に大前(泰子)さん宅を訪ね、そのあとで我が家にも寄って下さった。故荒木泰彦氏の弟さん(偶然にも相模原にお住まいとのこと)もご一緒であった。毎年、5月3日の午前11時に靖国神社に、海兵68期の同期、その家族、遺族が集まる(可能な人は・・・)という申し合わせになっているとのことで、靖国に参拝した翌日のことであった。

そして今回は、大前さんが、佐世保の靖子さんを訪ねることになった。佐世保では、靖子さんの父・泰彦氏のお墓をお参りすることになり、その墓前で鎮魂の歌を捧げることに決め、神奈川に在住する遠戚の方にテープ録音をお願いしたのだそうだ。ところがその録音が、操作の手違いで上手く録音できず、急遽、私に歌を吹き込んで欲しいという話になった。プロの歌手の歌を流すよりは、素人の歌の方が良いということだった。下手でもいい・・・

歌は、「千の風になって」、「海ゆかば」、「同期の桜」の3曲だ。自宅でやってみたが、適当なカラオケがなく、伴奏がうまくとれなかったので、それではとカラオケボックスに行って、何回も歌いこみ、そのうちの一番上手に歌えたものを、ボイスレコーダーからテープに移して、持って行くテープとして準備した。

大前さんは、11月2日、博多行きの新幹線に乗り、新大阪で佐世保行きの同行者となる従姉妹の静香さん(この人の家で靖子さんは生まれたが、当時、12歳の静香さんは、その時の様子を知る唯一の生き証人)と一緒になった。話は余談だが、新幹線の指定席を大前さんはあらかじめ取ったのだが、その2週間後に指定席を予約した静香さんの席が偶然にも隣りの席になったとのことで、偶然にしては不思議なものと、出発前に大前さんは話していた。

2日の夕刻、大前さんたちは、佐世保駅で靖子さんの出迎えを受け、5月以来の再会を果たした。そして翌3日には、靖子さんの父・泰彦氏が眠る佐世保東山海軍墓地をたずねた。
この海軍墓地は、佐世保鎮守府管内(九州、四国、沖縄)の17万6千余柱の旧海軍戦没者と海上自衛隊殉職隊員(佐世保警備区管内)の御霊が祀られている。日露戦争でロシアのバルチック艦隊を撃破し歴史的勝利に導いた連合艦隊総司令官・東郷平八郎元帥も祀られ、その中には大きな銅像も建てられている(下の写真)

画像


大前さんたちは、故荒木泰彦氏のお墓に花をたむけ、そしてテープに吹き込んで持参した「海ゆかば」、「同期の桜」そして「千の風になって」の3曲を捧げた。穏やかな秋の昼前のひととき、皆は、静かに口ずさみながら、泰彦氏の面影を偲び、遠い昔に思いを馳せたのだろう。泰彦氏(所属艦、「最上」)は昭和18年8月13日、南洋群島トラック島上空で撃墜され、いのち果てた。数え年で25歳だった。

画像


戦友たちの話では、3機編隊の中で泰彦氏の飛行機は中央、左右の飛行機は無事であったとのこと。靖子さんが生まれたのは、翌昭和19年1月だった、我が子を見ることも、まして抱くこともない、無念の戦死だった。
この戦争の中で同じような運命を辿った若者は数え切れない。この戦争での我が国の戦死者は、軍人・軍属がおよそ230万、民間人の犠牲者はおよそ80万人といわれている。失われた命の重さは、どれほどであっただろうか・・・・
そして、その数をはるかに越える、悲しい物語があったであろう。記録され、あるいは語り継がれたもの、しかし語られずに記憶の彼方に忘れられ、消えた去ったものも・・・・

画像



無謀な戦争を引き起こした主犯は、かの陸軍参謀本部。その参謀達は、「統帥権の独立」という許しがたい独断的解釈によって、政府や議会を超越し、無視し、この国と民(たみ)を弄(もてあそ)んだ。その責任の大きさは、この国の歴史の中でも突出したものだったと思う。

大前さんたちが、この墓地に着いてから、しばらくして泰彦氏の江田島海軍兵学校同期(68期)の坂本さんという方が、靖子さんのご子息の案内で訪ねてきた。山口県の岩国からおいでになったとのこと。
もう87〜88歳になるはずだが、まだまだ矍鑠(かくしゃく)とされていたとのこと。テープの歌に合わせ、「同期の桜」、「海ゆかば」を口ずさんでくれたとのこと。昔のことをよく記憶されており、兵学校時代のことなど、思い出話をされたとのこと。その中味はつまびらかではない。

その後、卒業生リストから確認したら、その卒業名簿では、坂本さんは67期で、一年先輩ということになっていたが・・・(下記が67期、68期の名簿です)

  http://www2b.biglobe.ne.jp/~yorozu/sub2-11.html

今や、戦争体験者が少なくなる中で、その悲劇は風化されつつある。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これから雨の日が続きそうだけどドライブ付き合ってくれる人探してます!メールください♪ kyon-i@docomo.ne.jp
みぃ
2009/06/12 11:55
凄く困ってます☆ love-cac@docomo.ne.jp すぐに連絡ください
ななみ
2009/06/26 18:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
奇跡の対面(4)・・・鎮魂の歌 あだかず  つれづれの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる